長月(ながつき) 月を待つ長い夜

九月は季節の移り変わりの微妙な味わいを日々楽しめる貴重な時期といえますね。

この季節にふさわしい装いの色あいや肌あいなど、あれこれやりくりして出かけても、まだまだ汗ばんだり、時には風のヒンヤリ感が身にしみたり、と自分の感覚がなかなか大気の状態をつかみきれないということも体験します。

まさに、「暑さ寒さも彼岸まで」ですね。

長月(ながつき)

語源は諸説あり、新暦の十月初旬から十一月の上旬にあたり、夜がだんだん長くなる 「夜長月(よながつき)」の略とする説。

その他、

雨が多く降る時季であるため、 「長雨月(ながめつき)」 からとする説。

「稲刈月(いなかりづき)」

「稲熟月(いなあがりつき)」

「穂長月(ほながづき)」の約や、

稲を刈り収める時期のため、「長」は稲が毎年実ることを祝う意味からといった説

「名残月(なこりのつき)」が転じたとする説などがある。

この中でも「夜長月」の略とする説とする説は、中古より広く信じられている説で

最も有力とされている。(語源由来辞典)

「長い」の意味

九月は小の月なのに、長月とはこれ如何に、などと思っていましたが

そんな単純な長い短いではないようですね。


稲(イネ→イナ)のイは抜けてナの音が強調された形で、稲の成長を表し、また「長い」の意味も同時に含んでいるのも頷けます。

「長い」という意味を、これも語源由来を見てみると、

気持が穏やかになる意味の「なぐ(和)の異形の「なが」を語根に、動詞化して「ながる(流る)」となり、形容詞化して「長し」となったもので、長いの「なが」と流れるの「なが」と同根と考えられている。

という説もあるそうです。

和やかなことは、時間がゆっくり流れてできる場であり

「な」のつく言葉には「成る」「生る」があるので、時間をかけて到達するものとして

どちらも「長い」こととの関連がありそうですね。

お月見

また、九月は中秋の名月にあたることが多く、お月見の季節ですね。

満月を境に月の出が次第に遅くなってゆくのを表す、風情のある月の呼び方があります。

満月

十六夜(いざよい)

立待月

居待月

臥待月(ふしまちづき・寝待月

更待月(ふけまちづき)

立っている間に出たり、次の日は座って待っていたり、そして寝ながら待ったり、最後は眠ってしまうほどの時刻になるということ。

ちなみに、古来十三夜月は満月に次いで美しい月と言われていたらしく、月見の宴も催されたそうです。

いよいよ収穫の秋。今まで取り組んできたことの成果が実ってくるかもしれません。

また、まだまだ目標の途中で道のりが長く感じられているとしても、気長に信じて進みたいものです。

誰そ彼と われをな問ひそ 九月(ながつき)の 

つゆにぬれつつ 君待つわれそ 

(万葉集巻十 二二四〇 柿本人麻呂歌集))

季節

Posted by satoko ikuta