万葉歌 「た」蓮の葉の水玉

ひさかたの   雨も降らぬか 蓮葉(はちすば)に

溜まれる水の    玉に似たる見む

 (巻十六・三八三七  右兵衛 姓名未詳)

「ひさかたの雨も降ってくれないか。蓮の葉にたまった水の玉に似たのも見よう」

万葉の頃の役人たちが集まり、酒宴が催され食物はすべて蓮の葉に盛られていました。

その時、その場の状況に応じてそれにかけて何か歌を詠みなさいと、皆に促されて

右兵衛さんが披露した歌だそうです。

仏教とともに伝来し、睡蓮と蓮の花を指して蓮華と呼ばれます。

今でも象鼻杯(ぞうびはい)という蓮の葉を盃に見立て、お酒を注ぎ茎からそれを飲むという催しが

蓮の時節にはお寺などで行われています。

また食材としての魚などを蓮の葉に包んで蒸し焼きにすると

よい香りが移るなど昔から珍重されてきたようです。

仏像の蓮台であったり、蓮のつぼみを手に持たれている観音像など馴染み深いですが

この花の景色も、愛でるこころも徐々に、自然に、わが国にも広がっていったことでしょう。

それにしても

撥水性のある大きな蓮の葉っぱの上でころんころんと転がる露の玉。

この季節のキラリとした明るい陽射しを宿して

自然が垣間見せてくれる清浄な煌めき

そんな風情はこころの栄養でもあったことでしょう。

それを肴に「お酒を飲もう」「歌を詠もう」なんて

いにしえ人の(おじさん達の)心の豊かさをうらやましくさえ感じます。

「溜まる」と「玉」

重なっている「たま」の言葉から繋がっているイメージやその大元にあるものは何か探っていきましょう。

「た」+「あま」で玉

天(あま)からの不思議な力が宿ったものとして「玉」が珍重されてきたことはいうまでもありません。

言霊の霊も「たま」ですがこれは目には見えません。

けれども、と人の間を行き来し言葉の力を後押ししてくれる大切なエネルギーです。

言霊の力を信じることを忘れ、使わなければ

人の心を打ったり、癒したりの言葉の働きは生かされないで

まるで風船のようにしぼんでしまう

そういうこともよく体験します。

「た」の意味

では、「た」の音のつくものの連想から「田」の意味を紐解いてみます。

田んぼの「た」は米が収穫される場なので

まさに天からの恵みがもたらされて溜まっていることを

表しているといえるかもしれません。

また、「立つ 」「立てる」「立ち上げる」の言葉から

「た」にはすくっと天界に繋がるように真っ直ぐな中心軸がイメージできます。

中心軸も背骨も常にブレることなく保ちたいものです。

天(あま)の恵みをしっかり受け止めるためにも。。