如月(きさらぎ)春への胎動

2月になりました。

 3日 節分

 4日 立春(二十四節気)

「冬と春の分かれる節分の翌日であり、立春は寒さがあけて春になる日。また、立春以降初めて吹く南よりの強風を春一番とよび、立春の早朝禅寺では魔除けのために門に縦書きをすると、左右対称になる立春大吉と書いた紙を貼る習慣がある」とあります。そういえば「立春大吉」という文字を目にすることがありますね。

二十四節気・七十二候

太陰暦を使用していた時代に、季節を現すために区切りとして一年を24等分し、その区切りに名前をつけられたとされる二十四節気ですが、現在でも季節の節目として立春・春分・秋分・夏至・冬至が使われています。

二十四節気の一つの節気をさらに3つに分けたのが七十二候で、その時期の鳥や動物、草花の変化といった自然現象から季節の移り変わりを表したもので、江戸時代に日本の風土に合うように改定されています。

 5日 東風解凍(とうふうこおりをとく・七十二候) 

東風が吹いて氷が解け始める頃となります。

その後の今年(2020年)の二十四節気・七十二候をさらにたどってみると

ウグイスの初音が聞こえてくる頃(黄鶯・こうおうけんかんす・9日)

温かくなった水の中に魚の姿が見え始める頃(魚上氷・うおこおりにのぼる・14日)

19日 雨水(うすい・二十四節気)「雨水がぬるみ、草木が芽吹き始める」となり

暖かな雨に土が潤い活気づく頃(土脉潤起・どみゃくうるおいおこる・20日)

霞が春景色を彩り始める頃(霞始靆・かすみはじめてたなびく・24日

陽気にさそわれ草木が萌え出す頃(草木萌動・そうもくきざしうごく・29日)

暦の上では春に向かって、大地の胎動が蠢(うごめ)いている季節といえますが、やはり体感としての寒さは一段と厳しいです。

如月(きさらぎ)とは?

如月(きさらぎ)の語源・由来は
寒さで着物を更に重ねるという意味の「着更着」が有力ですが


気候が陽気になるので「気更来」
草木が生え始める月で「生更木」
なども示されています。

語源由来辞典

如月の望月の頃

如月といえば思い浮かぶ

有名な歌

西行法師

願わくは 桜の下にて 春死なむ

その如月の 望月のころ

「願うことなら、旧暦2月15日の満月の頃、満開の桜の下で死のう」

如月の厳しい寒さの真っただ中で桜というのは疑問に感じますが

現在の3月中旬以降の満月の日にあたり、桜が満開を迎える時期となるようです。

実際に西行は文治6(1190)年2月16日、73歳で亡くなったそうです。

勝持寺(花の寺)は西行ゆかりのお寺で、西行桜も有名です。

桜も楽しみですが、それまでの間

椿も、梅も可憐ですね。

春を待ちわびながら、この寒さを乗り切ろうと思う気分になります。

季節

Posted by satoko ikuta